So-net無料ブログ作成

KIBO no SAKURA☆ [日々のつれづれ]

東北地方にも 桜が咲き始めたようです
どんなにか辛く悲しい事が起ころうとも
春は誰にでも平等にやってくるのだと 
自然の暖かさを改めて

4.10-3.jpg

優しい涙と
悲しい涙を
たくさん流した 一ヶ月でした

あの日から
いろんな想いが
ない頭の中をぐ~るぐる
自分の無力さが情けなくて
胸が痛くて

被災したわけではないのに
こんなにへこんでどうするんでしょうって

でもね。
桜が咲いて
風が暖かくなってきて
心も
少しづつ 元気になってきましたよ☆

4.10-2.jpg
先週
桜を見に近くの公園にお出かけ☆

4.10-4.jpg
希望の桜ですね♪

地震当日。
旦那と私は都内にある事務所にいて帰宅難民になりました。
母から地震直後にメールが届き、近所のお友達のところにいて無事であるとのこと。
その一通のみで、その後母とはまったく連絡取れず。
父は家にいたのかな?心太朗は???

新宿にある事務所はそれはそれは揺れまして。
室内は足の踏み場もなくめっちゃくちゃ。
重たい業務用のFAXが台から落ちて、ガーガーと泣いているも
助ける余裕ないほど余震も酷く。

夜になってやっと固定電話が繋がり、父も心太朗も無事であると聞いて
全身の力が抜けました。
とにかく事務所が酷い状態だったので、いらぬ心配をしてしまったの。
結局自宅では、小さいぬいぐるみすら落ちていませんでした。

その夜は帰宅難民となり、1階のスタジオにお隣の方と一緒に非難。
あの時の新宿通りの人の渋滞や、コンビニのトイレの行列。
一晩中続いた余震で船酔い状態になったり。
前のビルに亀裂が入る瞬間を見たとき、もうだめかもと心をよぎった恐怖。

心太朗は「ご飯を食べたあと、いい子にリビングのハウスに入ってるよ~」
と母から聞いたので、翌日は事務所を片付けてから帰宅。
地震直後は父がすぐに来てくれたそうですが、ガッタガダだったそうです。

そして翌日。
心太朗、ピーピーの下痢をしました。
ひとりでハウスの中で私たちを待って、いくら待っても待っても帰ってこなくて。
怖くて不安で、お腹が痛いです~となったようです。

下痢はすぐに治まったので、精神的なものだったのでしょうね。
母が「今度同じような事があったら、心太朗と一緒に寝るわぁ(泣)」

4.10-5.jpg
こちらはユスラウメ☆

キャンプ道具がそのまま災害グッズに早代わりし、
いつ計画停電になってもいいように準備万端にしていましたが。
なぜだか我が家の丁目は停電せず。
大通りでは信号が止まり、お店は真っ暗。
明るいのが申し訳なく思えてきて
自主的に計画停電実施。
でも、普段キャンプしてるので、たいした不便も感じず・・・

我が家は健康な成人4人と元気なワンコだもの
いくらだって我慢できますから~~!!

気持ちだけで、ごめんなさい。。

4.10.jpg
まえをむいて あるいて いこう☆
みーんなに えがお が もどりますように☆

新宿の事務所が思った以上にダメージを受け、
ビルには縦にも横にも亀裂が入り、お引越しをすることになりました。
20年分の荷物・書類の片付けに奮闘中。

しばらくバタバタが続きそうです。

お手伝いしたいこと やりたいこと
いっぱいあるのですが
なんの力にもなれずに 本当にごめんなさい。

なんとか踏ん張って。
今を乗り越えて。

来年また桜が見られますように♪


nice!(6) 
共通テーマ:ペット

nice! 6

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。